ペット保険の給付対象外

ペット保険に入っているからといってもペットのあらゆる病気や怪我に対応しているというわけではありません。

ペット保険に入っていれば絶対に安全、絶対に保障されるというわけではないので覚えておきましょう。

たとえば、ペットを飼っている飼い主や人間によってけがをさせてしまったという場合にはペット保険の対象外になります。

そして災害が起きた場合にけがをしてしまったという場合もペット保険の対象外となりますから注意しましょう。

ペット保険の給付の対象はほとんどが医療になっているのですが災害の怪我や人間によって怪我をした場合には対象外なので注意しましょう。

他にも、血液検査をしたとか検査などにかかった費用なども対象外です。

ペット保険によって給付金の対象になるのかならないのかはっきりとわからないような場合にはそれぞれのペット保険会社に問い合わせしてみるのが一番です。

ペット保険の給付対象外の中身は、だいたい人間がかけている医療保険の中身と同じですから、医療保険に入っているペットを飼っている人なら、だいたい察しはつくと思います。

どう考えても故意に起きてしまったというようなものは給付対象外になるというのはわかっていただけると思います。


それでも給付になるのかならないのかわからないという場合には一度ペット保険に加入している会社に問い合わせをしてみるというのが一番手っ取り早い方法です。

給付対象の説明書などを読んでみましょう。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。