ペット保険の免責

ペット保険には免責があります。

免責というのは自己負担することになるというものです。

たとえばペット保険の免責の対象になっているのは、これからペット保険に入りたいと申し込みをしたけれど、ある病気にかかっているという犬がいたとします。

この犬はある病気に対しては保険が一切適応にならないとあらかじめ決めたうえで免責扱いになるとわかったうえで加入すれば、そのペット保険の中である病気は免責になるということになります。

それだけでなくペット保険には免責期間というのが設けられています。

免責期間というのは、加入してすぐには、給付金がもらえないというような期間です。

加入してすぐにけがをした、病気をしたという場合には、免責期間になっていれば残念ですが給付金を受け取ることができません。

だいたいどこのペット保険でも免責期間は設けられているのできちんと確認しておく必要があります。

だいたい一般的にペット保険の免責期間は数十日といわれていますからそれほど長くありませんが運悪くその期間中にもしも病気やけがをしてしまったという場合にはペット保険に加入していてもまだ保険の適応にはなりませんから、自費で支払うことになりますので覚えておきましょう。

ペット保険の契約の時に確認するのが一番いいですね。

免責期間中に病気にかからないように未然に防げる病気なら防ぐという努力も多少は飼い主にとっては必要になって来るのかもしれません。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。