ペット保険の給付対象外

ペット保険に入っているからといってもペットのあらゆる病気や怪我に対応しているというわけではありません。

ペット保険に入っていれば絶対に安全、絶対に保障されるというわけではないので覚えておきましょう。

たとえば、ペットを飼っている飼い主や人間によってけがをさせてしまったという場合にはペット保険の対象外になります。

そして災害が起きた場合にけがをしてしまったという場合もペット保険の対象外となりますから注意しましょう。

ペット保険の給付の対象はほとんどが医療になっているのですが災害の怪我や人間によって怪我をした場合には対象外なので注意しましょう。

他にも、血液検査をしたとか検査などにかかった費用なども対象外です。

ペット保険によって給付金の対象になるのかならないのかはっきりとわからないような場合にはそれぞれのペット保険会社に問い合わせしてみるのが一番です。

ペット保険の給付対象外の中身は、だいたい人間がかけている医療保険の中身と同じですから、医療保険に入っているペットを飼っている人なら、だいたい察しはつくと思います。

どう考えても故意に起きてしまったというようなものは給付対象外になるというのはわかっていただけると思います。


それでも給付になるのかならないのかわからないという場合には一度ペット保険に加入している会社に問い合わせをしてみるというのが一番手っ取り早い方法です。

給付対象の説明書などを読んでみましょう。

ペット保険の必要性

ペット保険に絶対に入らなければならないのか?と思っている人も中にはいると思いますがもちろん絶対ではありません。

ペット保険は任意の保険ですからペットや飼い主が入る必要がないと思っているのであれば入る必要はありません。

ペットを飼っている人の中でも半数以上の人がまだペット保険に入っていないと言われています。

ペット保険に加入している人はまだ少ないのが現状です。

しかし万が一ペットが病気になってしまったり怪我をした場合には自費で治療費を支払うということになるとかなり高くついて飼い主にとっては大きな負担になることがほとんどです。

ペットも人間と同じで保険に入っていなければ負担額は増えます。

ペット保険に加入していれば万が一病気や怪我をしても、保険の保障があるので安心で経済的な負担が少なくて済むということになります。

ですから、ペットが病気になったときに、治療費の心配をしなくてもよくて、きちんと通院させてあげることができるのはペット保険に入っているからです。

ペット保険に入りたいけど毎月の掛け金が負担だと思ってはいらない人もいると思いますが、万が一病気やけがをした時の方が結局治療費が高くついてしまって、こんなことだったらペット保険に入っていた方がよかったという人も多いのです。

ペット保険の必要性というのは、それぞれ人によっても違っていますが、万が一の時にわてないためにも経済的負担を軽くするためにも必要だと思います。

ペット保険加入の流れ

ペット保険に加入したいと思ったら加入するまでにどんな流れになっているのか紹介していきます。

ペット保険に加入したいと思って明日からすぐに入れるというわけではありません。

審査があったり申し込みをしてからしばらく手続きに時間がかかる場合もあります。

流れとしては条件をクリアしているのかどうか、まず自分で自分のペットを確認してみましょう。

そしてクリアしていて加入できそうだということであれば申し込みをすることになるのですが、ペット保険の申込はネットから申し込むのが便利です。

インターネットから申し込む場合にはその場で申し込みではなくて、まずは資料請求をして申込用紙を送ってもらうという流れになっています。

そして保険会社に申し込みをした後はペット保険を運営している会社が審査をします。

審査をしていないペット保険の会社もありますからその場合はもう少しスムーズに流れると思います。

インターネットで申し込みをして審査がなければかなりスムーズにペット保険に入れます。

ペット保険の加入する際にペット保険会社によっては犬の写真を送ったり、印鑑や医師の診断書が必要な場合もありますからスムーズに手続きを進めたいと思っているのであれば、不備がないようにしっかりと書類などは揃えておくようにしましょう。

書類を送って正式に加入証書が届いた段階からようやくペット保険に加入している状態ということになりますから、なかなか道は長いです。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。